MENU

野菜不足は美容・健康の大敵です!

当サイトへの訪問ありがとうございます。
私は、中年独身男性(バツイチです)が、離婚して一番困ったのはやはり食事・・・特に野菜不足を解消する方法です。
一人暮らしということもあり、毎日の食事は近所のスーパーやコンビニで弁当者やお惣菜を購入しております。
一応気を使ってサラダなども購入して食べていますが、そんな程度では全然足りていないようで、便秘に悩まされるようになりました。
ただ、この野菜不足は私に限ったことではありません。

 

 

現代人は慢性的な野菜不足

1日に必要な野菜の摂取量は350グラム以上ですが、厚生労働省が平成22年に実施した「国民健康・栄養調査」によると、日本人の平均値は281グラム。
しかも、全ての年代で不足している結果となっています。
統計データを調べていてびっくりしたのですが、とうとう肥満大国のアメリカに一人当たりの野菜の摂取量で追い抜かれてしまいました。
さすがに「やばい」感じですよね。

 

 

野菜不足の原因

一番大きな原因は、食生活の欧米化です。
肉類の消費量は右肩上がりになっていて、野菜の消費量とは対照的です。
また若い世代や一人暮らしの単身者において外食化や食の簡便化が進んでいます。
健康志向・手作り志向から、経済性志向・簡便化志向にシフトしており、野菜不足の原因となっています。

 

 

 

 

自分自身に置き換えると、身に覚えのあることばかりです。
一人暮らしなので、わざわざ野菜を買って調理するより、お弁当を買った方が安上がりなんですよね。
それに一人で食事をしても美味しくないので、会社帰りに牛丼とかラーメンとかで済ませてしまうことも度々です。
まあ、こんな生活をしていたら野菜不足になるのは当たり前です。

 

美容・健康への影響

私自身で言えば、一人暮らしを始めてから野菜不足の影響で肌荒れや便秘に悩まされるようになりました。
もちろん、それだけでは済みません。
野菜が不足する期間が長期化すると様々な病気になる可能性が出てきます。

 

代表的な症状

肌荒れ、便秘、ニキビ、免疫力低下、高脂血症、高血圧、動脈硬化、糖尿病、大腸がん、うつ病・・・等々
まだまだあげれば、きりがありません。
健康でいるためには、野菜を食べることは重要です。

 

 

 

 

肌荒れや便秘など、生命に関わるような健康障害を引き起こす前に対策が必要です。
ただ、野菜不足の解消と言っても、毎日のことですので、簡単ではありません。
一人暮らしの私でも毎日続けられる方法でなくては、意味がないのです。
もともと野菜を食べなきゃいけない事は知っていたにも関わらず、ちゃんと食べることが出来なかったわけですから。

 

野菜不足の解消

足りないのは分かった、影響も分かった、次は解消法です。
野菜不足を補うには、どうしたら良いのでしょうか?
農林水産省が平成25年に作成した統計データの中に、野菜不足だと思う人にどのようにして野菜不足を解消したいか質問をした情報があります。

 

解消法 総数 既婚女性 既婚男性 単身女性 単身男性
家庭の食事で野菜料理や使用する野菜の量をおおくしたい 49.4 58.1 45.9 51.1 25.5
市販の野菜ジュース等を飲むようにしたい 25.0 23.6 25.5 35.1 19.4
果物を多く食べるようにしたい 15.8 16.5 14.6 24.5 9.2
カット野菜をもっと利用するようにしたい 12.7 11.2 11.8 12.8 22.5
中食や外食時には、野菜が多いものを選んだりしたい 10.0 9.9 8.4 14.9 11.2
青汁を飲むようにしたい 10.0 12.4 6.2 17.0 7.1

 

やはり、普段の食事の中で、野菜不足を解消したいと考えている人が多いようです。
この中で私が注目したのが、「青汁」です。
もちろん、なるべく食事にも気をつけたいと思っていますが、今まで出来ていない事が、急に出来るようになるとは思えません。
それよりも、もっと現実的な方法で解消したいですよね。
ちなみに、野菜ジュースは不味すぎて、私の中では選択肢としてありえません。

 

色々な種類があるが・・

青汁は本当に種類が多いです。
テレビでCMを流している有名な製品から、ドラッグストアで安く売っている聞いたこともないような製品まで色々です。
青汁の成分を比較して気付いたのですが、実は一部の製品は製造工程の都合で、食物繊維などの成分を取り除いています。
野菜不足解消の目的のひとつが便秘解消である私としては、食物繊維がしっかり入っていなければ意味がありません。

 

そんな中で、一番良いと思った製品が、「えがおの青汁満菜」です。
この製品は、野菜不足の解消はもちろんですが、食物繊維やオリゴ糖を含んでいるので、便秘にもばっちりです。
微粉砕加工という技術で、野菜の繊維を粉砕して、のどごし良く仕上げているんですね。

 

 

 

 

実際に飲んでみました

えがおの青汁満菜のパッケージ


粉末化された青汁が、1回分毎に個別包装されており、1箱に31袋が入っています。

 

えがおの青汁満菜


水、お湯、牛乳に溶かして飲んだり、料理に入れたりして使用します。

 

えがおの青汁満菜をミネラルウォーターで溶かしました

いかにもな感じの色ですよね?
意外ですが、抹茶が配合されているので、ほんのり甘くて全然苦くありませんし、はっきり言って美味しいです。
見た目とは、かなりギャップがありますが・・(笑)
この味なら、私のような一人暮らしの方は勿論ですが、野菜嫌いのお子さんでも大丈夫、不足を解消できると思いますね。
ホットケーキなんかに入れると、喜んで食べてくれるんじゃないでしょうか。

 

野菜不足を補う解消法〜えがおの青汁満菜を飲もう!〜

 

えがおの青汁満菜の原材料

大麦若葉粉末、還元麦芽糖水飴、麦芽糖、有機抹茶粉末、アガベ・イヌリン(食物繊維)、フラクトオリゴ糖、有機緑茶粉末、ボタンボウフウ粉末、発酵黒生姜粉末、有機ケール粉末、有機桑葉粉末、ほうれん草粉末、有機モロヘイヤ粉末、有機ゴーヤ粉末、クロレラ粉末、有機はと麦若葉粉末、有機明日葉粉末、ぶどう発酵抽出物、有機ゴマ若葉粉末、レッドクローバーエキス粉末、ギャバ含有米胚芽抽出物、有機キダチアロエエキス、ビタミンC、貝カルシウム、酸化マグネシウム、ビタミンB6、ビタミンD、葉酸

 

青汁で野菜不足を解消!

最近の製品はすごく改良がすすんでいて、すごく飲みやすくなっています。
市販の野菜ジュースなどより、よほど飲みやすいですし、カロリー的にも抑えられています。
このサイトでは、「えがおの青汁満菜」をおすすめしていますが、他にもTVで有名な大手メーカーの製品や、スーパーやドラッグストアの安い奴も試しています。
ですが、味や成分で、この製品が突出していると思いますね。
その分、ちょっとだけお高めですが・・・

 

もし興味があれば公式サイトで確認してみて下さいね。

 

 


>>公式サイトで詳細を確認<